「ホンダ フリード」が2019年10月にマイナーチェンジ!注目の新グレード・新機能とは?

それでは今回もさっそく「おすすめミニバンのおすすめグレード」に関する研究を進めてまいりましょう。今回のお題は、今年10月18日にマイナーチェンジを受けることが正式に発表され、そして8月30日に先行情報が公開されたホンダ フリードです。

シャープだがオラオラじゃない新しい顔つきは好印象

大柄なミニバンは不要だけど、でもやっぱり3列目があるクルマを買っておきたい――と考える層に刺さり、まずまずのスマッシュヒットとなっているホンダ フリード。

今回のマイナーチェンジの内容は主に、「デザインの変更」「先進安全装備の充実」、そして新ジャンルである「CROSSTAR」の追加です。

ひとつずつ見ていきましょう。まずは「デザインの変更」です。

こちら(↓)が現行型フリードのフロントマスクですが……

10月18日以降のマイナーチェンジ版はこうなります(↓)。

Hondaいわく、

・フロントグリルのデザインを磨き上げ、より凛とした印象に。
・ワイド感を強調したバンパーで、安定感を表現。
・凜とした表情を引き立てる、優しい輝きの新色「シーグラスブルー・パール」。

とのことですが、まあすっきりとシャープな感じに仕上がっていて、悪くないのではないかと思います。フリードがオラオラ顔になっちゃたらどうしよう……と思っていましたが、杞憂に終わって良かったです。

Honda SENSING が全車標準に、そして「後方誤発進抑制機能」を新設定

そして「先進安全装備の充実」について。こちらに関しては、これまでは全車標準装備ではなかったHonda SENSINGが全タイプに標準装備となり、加えて、不注意による急な後退を防止し、注意を喚起する「後方誤発進抑制機能」が新たに搭載されることになりました。

Honda SENSINGのその他の機能である衝突軽減ブレーキ(CMBS)と誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリング、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能、路外逸脱抑制機能、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、LKAS(車線維持支援システム)に関しては「従来どおり」となります。

「SUV風味のミニバン」であるCROSSTARを追加

そして注目したいのが「CROSSTAR」の追加に関して。

新グレードであるCROSSTARはフリードに「SUV的なテイストを持たせたもの」だといえます。こういった路線はハッチバックやワゴン系モデルでは昨今珍しくないアプローチですが、「SUVチックなミニバン」というのは、三菱 デリカD:5とこの新しいフリードCROSSTARぐらいでしょう。

CROSSTARの写真がこちら(↓)ですが、決してやりすぎではないニュアンスの「程よいSUVテイスト」が加わったデザインに仕上がっており、これまたなかなか悪くないのでは? と感じる次第です。

CROSSTARはSUVテイストではありますが、あくまで「テイスト」ですので、決してゴリゴリの本格派SUVではありません。しかしFFのほかに4WDも用意されますので、ある程度のアウトドア系ニーズにも十分応えることができる一台でしょう。そっち方面のご趣味があったり、あるいは冬場、雪がそこそこ降る地域にお住まいの方は「4WDのCROSSTAR」に注目してみる価値はあります。

「ちょうどいいミニバン」を探してる人はぜひ注目を!

全体としてのラインナップは、今までどおり3列/6人乗りの「フリード」と、2列/5人乗りとなる「フリード+」の双方が用意されます。で、フリードとフリード+の両方に、前述のCROSSTARも用意される……というのが、とりあえずのモデルラインナップです。

横方向の木目の流れが強調されたデザインになったインテリアも、ちょっと北欧デザインっぽくてステキですし、まずまず優秀な乗り味や、かなり優秀といえる使い勝手は従来どおり。

……ということで、「大きすぎず小さすぎない、それでいてちょっとハイセンスなミニバンが欲しい」と考えている人は、10月18日以降のマイナーチェンジ版フリードにぜひ注目してみてください。

多少なりともご参考になったならば幸いです。それではまた次回!

[ライター/伊達軍曹]