日産の8人乗りミニバン、2代目「プレサージュ」のおすすめグレード。十分注目に値する中古車

それでは今回もさっそく「おすすめミニバンのおすすめグレード」に関する研究を進めてまいりましょう。今回のお題は、2003年から2009年まで販売された日産の8人乗りミニバン、2代目プレサージュです。

「簡単、らくらくシートアレンジ」が魅力の8人乗り

「ミニバン・クルーザー」を標榜した初代プレサージュが登場したのは1998年のこと。その5年後にフルモデルチェンジを受けて登場したのが、「アクティブライフミニバン」をコンセプトとする2代目プレサージュです。

2代目プレサージュの最大のセリングポイントは、「簡単、らくらくシートアレンジ」と銘打たれたシートアレンジ。リングを1回引くだけで畳めるサードシートや、運転席のスイッチで自動的に倒れ、前方に移動するセカンドシートなど、「とにかくカンタンな操作でさまざまなシートアレンジが行える」というのが2台目プレサージュのウリでした。

車台は4ドアセダン「日産ティアナ」と共有

プラットフォームは2003年2月デビューの4ドアセダン「ティアナ」と共有。ティアナの4WD版と同じ2.5L直4+4速ATという組み合わせのほか、スカイラインなどでおなじみの3.5L V6+CVTもラインナップされました。駆動方式はそれぞれにFFと4WDが用意されます。

ティアナゆずりの「FF-L」プラットフォームを用いたボディの寸法は、全長4840mm×全幅1800mm×全高1685mm。サスペンションは前マクファーソンストラットの後マルチリンクで、フロントにはダンパー内に薄いゴムを入れて微振幅高周波振動を抑える「リップルコントロール・ショックアブソーバー」が採用されています。

4WDのシステムは、エンジンに合わせて2種類が存在します。2.5L版は路面状況に応じて後輪にトルク配分を行う「オートコントロール4WD」。3.5L版は、電子制御の油圧多板クラッチを使い、前後トルク配分を100:0(FF状態)から50:50までコントロールする「オールモード4×4システム」となります。

2列目、3列目のシートアレンジは本当にカンタン


とはいえ2代目プレサージュの最大のポイントは「シートアレンジ」でしょう。従来型の3列目は左右跳ね上げ式でしたが、この2代目はラゲッジルームにあるリングを引くだけで座面が2列目側に跳ね上がり、シートバックが床と面一に収納されます。

さらにもう一度引くと、2列目のシートバック裏で直立していた座面が倒れてフラットになり、奥行き1345mmの荷室ができあがるのです。

セカンドシートは、左右スライド機構によりた「キャプテンシート」と「ベンチシート」に切り替え可能。そしてすべてのグレードに、運転席のスイッチで助手席側セカンドシートをスライドさせる「セカンドシートリモコンウォークイン」が搭載されています。

荷室の使い勝手を高める意味で、リアハッチのウィンドウも開閉可能。ウィンドウを開けたままリアハッチを開けても、ガラス部分が2m以上あがらないようできているため、高さの低い駐車場などでも安心して使えるのです。

さらに両側スライドドアは、運転席と後席、そしてリモコンの各スイッチで自動開閉が可能OK。荷物などで手がふさがっている際にも重宝します。ちなみにドアに何かが挟まると圧力センサーが感知し、ドアは反転します。

小変更とマイナーチェンジで商品力UPに務めたが


2代目日産プレサージュは2004年10月に最初の小変更が行われました。このときの内容は、スポーティグレードである「ハイウェイスター」のキャラクターをさらに際立たせるため、ヘッドランプやフロントグリル、アルミホイール、リアスポイラーのデザインを変更したことです。

加えて全車で内装のグレードアップを図り、さらに「スライドドアオートクロージャー」(両側)や「インテリジェントキー」「オートライトシステム」などを標準で与えるなど、各種装備が充実しました。

さらに2005年12月には二度目の小変更が実施され、2.5Lの「QR25DE」エンジン搭載車が「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」の認定を取得。

そしてオートスライドドアやステアリング木目調加飾、17インチアルミロードホイールなどを一部グレードに採用し、キセノンヘッドランプ装着車にヘッドランプレベライザー(オート)、ハロゲンヘッドランプ装着車にヘッドランプレベライザー(マニュアル)を標準装備したのもこのタイミングです。

2006年5月には初めての「マイナーチェンジ」が実施され、内外装デザインが大幅に変更されました。加えて2007年6月にはまたまた小変更が行われ、すべてのグレードに新開発のBluetooth対応オーディオ機能搭載「HDDカーウイングスナビゲーションシステム」がオプションで設定されました。また、「250XG」「250XL」のフロントグリルとバンパーのデザインを変更するなども行われています。

このように地味にいろいろとケアされてきた2代目プレサージュではありましたが、競合であるホンダ オデッセイの牙城を崩すには至らず、2009年7月には販売終了となってしまいました。

参考:日産 プレサージュの買取ならおまかせください!

中古車相場は余裕でアンダー50万円

以上のとおり、あえなく絶版になってしまった2代目日産プレサージュではありますが、「高級感のあるロールーフミニバン」を求めている人にとっては決して悪いクルマではないため、その中古車を探してみる価値は十分あります。

2019年10月上旬現在、カーセンサーnetに掲載されている2代目プレサージュの中古車は全国で114台。流通量は「まずまず多い」と言えるでしょう。

相場は「下が10万円で上が80万円」といったニュアンスですが、ボリュームゾーンは20万~50万円といったところ。このあたりの価格帯でも、「走行5万km前後」のまあまあ好条件な個体を十分探すことができます。

新車時はホンダ オデッセイとの戦いに敗れ去った2代目プレサージュですが、今、「車両30万円か40万円ぐらいで買えちゃう中古ミニバン」として見るならば、まずまずのバリューと使いみちは確実にあります。

もしもあなたが「安価な予算で最大8人が乗れるミニバンを手に入れたい」と考えるのであれば、アンダー50万円の2代目日産プレサージュは十分注目に値するでしょう。

多少なりともご参考になったならば幸いです。それではまた次回!

[ライター/伊達軍曹]